未来住まい方会議をご覧のみなさんは「中銀カプセルタワービル」をご存知でしょうか?

このビルは、1972年に建築家の黒川紀章氏が設計した、世界初のカプセル型の集合建築です。ビル中央の2つの軸にドラム型洗濯機のような10㎡のカプセルルームがいくつも接続された形からなる特徴的な外観で、異空間な雰囲気をまといながら銀座の街にそびえ立っています。

カプセルルームの中は、収納できる家具やデッドスペースの活用により限られた空間ながらも、快適な空間が保たれています。 また、老朽化したカプセルは住人によりセルフリノベーションが行われ、異なる内装のカプセルはミニマルライフやリノベーションの見本市のようです。 未来住まい方会議でこれまでお伝えしてきた「ミニマルライフ」の先駆けともいえるこのビルは、黒川紀章氏の代表作であり、その後の時代やライフスタイルの変化を予見したかのような革新的なものでした。

世界的にも有名なこのビルは、老朽化と外壁内側に使われたアスベストが問題となり2007年に一度建て壊しが決まりましたが、建て壊しは行われず決議は無効となりました。その後、国内外で保存・再生の声が高まり、その活動が進み始めています。

今回は、中銀カプセルタワービルの保存・再生プロジェクトを進める前田達之さんと、同ビルに住むカプセル仲間の関根さんご夫婦にインタビューを行いました。