erikomasumura_01 こんにちは。フリーランスエディターの増村江利子です。東京・神楽坂から長野県諏訪郡富士見町に移住し、賃貸のトレーラーハウスで“小さく”暮らしています。 その“小さく”って、どういうことなのか。今回は、私の持ち物から、小屋に暮らすことの意味について考えてみたいと思います。

SAW_1535 2

多拠点居住、ミニマルライフやコミュニティビルドなど、未来住まい方会議でご紹介している、新しい豊かな暮らし。これらの暮らしはまだまだ実践者も少なく、始めてみたいけど少し不安という方も多いのではないでしょうか?この連載では、日本国内の新しい暮らしの実践者にお話をお聞きして、新しい暮らしを始めるヒントをお伝えしたいと思います。

ジャングルから最寄りのまちはとてもきれい。

ジャングルから最寄りのまちはとてもきれい。

ジャングルマラソンからちょうど1年がたち、砂漠を走ってきました。 今年はチリ北部で開催されたアタカマ砂漠マラソンに出場。こちらも1週間で250kmを走るレースです。結果は168人中、日本人最高となる27位でした。 日中は30~35℃、夜間は-3℃という寒暖差に加え、最高標高3000mと高山病にも苦しめられるタフで楽しいレースでした。砂漠話をしたいところですが、帰国してそばを食べてひと心地ついたところでして、今回もジャングル編です。

IMG_4787 はじめまして、村上はるかと申します。 私は今、大学を休学してデンマークで暮らしています。ひょんなことから未来住まい方会議を見つけ、縁あって記事を書かせていただくことになりました。

北欧は「幸福度の高い国」として日本で知られています。そんな北欧諸国の中でもデンマークは、国連が世界中の国々を幸福度に応じてランクづけした「2013 World Happiest Report」で、2010年から2013年の三年間連続で一位を獲得している、まさに世界一幸せな国なのです。

未来住まい方会議をご覧の皆様、こんにちは。縁側好きが高じて「縁側のある生活」についてコラムを執筆することになりました成瀬です。 今回は3回目ということで、東京で縁側に座れる場所を紹介します。東京に住んでいる人はなかなか縁側のある家に行く機会もないと思いますので、手軽に行ける場所を紹介します。また、東京観光に来た人も、縁側という切り口で東京観光ができると思いますので、ぜひ参考にしてください。

未来住まい方会議をご覧の皆様、こんにちは。縁側好きが高じて「縁側のある生活」についてコラムを執筆することになりました。今回は2回目ということで、縁側でできること。縁側◯◯を紹介します。 あ、ちなみにまだ縁側のある家には住んでいませんので妄想も含みます。悪しからず・・・。

縁側で昼寝が至福の時

縁側で昼寝が至福の時