sukkah1 カナダ・トロントのニュージャージー工科大学の卒業生Michael SignorileとEdward Perezによる生分解性のパビリオン“Reflect.Reveal.Rebirth”が仮庵の祭りSukkahville2014 design competition in Trontで発表された。

6_lawnhouse07 これは芝生で覆われた台形のモニュメントだろうか。じつはこれは立派な「住まい」なのだ。プラスチックのパネルを台形に組み、芝生で覆った非常にシンプルな構造でできている。芝生に覆われていない面は、窓と扉を兼ねていて、光を取り入れ、換気をする役割をしている。シンプルなようでいて、実はかなり器用な設計だ。

DW0906_IRE14 家は大きな買い物だ。もしかしたら、人生でいちばん大きな出費かもしれない。せっかく建てたマイホームは、自分一代で終わるのではなく、子どもたちにも使って欲しいと思うだろう。

しかし、そんな親の想いが、子どもの人生を縛ってしまってはいけない。家を引き継ぐことは、住む場所が限定されるということだ。もし家を建てた時のローンが残っていたら、返済の責任も引き受けなくてはならない。手放すにしても、労力やお金がかかってしまうかもしれない。