Camera Lucida 02 「カメラ・ルシダ」をご存知だろうか。カメラ・ルシダは絵を描くための補助器具で、上に取り付けられた半透明の鏡を覗き込むと、描く対象(モデル)が下に置いた紙にうっすらと写るようにできている。その残像をなぞって描くことで、普通よりも正確に絵を描くことができるのだ。ちなみにカメラ・ルシダとは、ラテン語で「照らされた部屋」を意味する。