野原に忽然と現れた小さな和室、なんと釘も工具も使わず、大人2人で、約15分で組み立てできるそうです。先日ご紹介したパオ(組み立て時間30分)より、さらにお手軽です!

ちょっとダークなおとぎ話の中で、小柄な妖精か妖怪が住んでいそうな、小さなお家。なぜか暗い森の中ではなく、都会のど真ん中に出現した。

米国イリノイ州東部に位置するシャンペーンという街に、贅沢にも茶の湯と瞑想のためだけに作られた家がある。日本人が見たら誰もがほっとするような和のテイストのそれは、14エーカー(約5.6ヘクタール)もの広大な土地の、自然に囲まれた池の上にちょこんと佇んでいる。

曲線が印象的な外観、ドーム型の天井。 日本人が想像する茶室のイメージとは程遠い。

チェコの建築家によって、チェコのプラハに建てられた日本茶室です。

東京は桜がほぼ満開となりました。みなさんの地域はどうですか? 今回はこの時期に相応しい桜の似合う“ツリーハウス”をご紹介します。