誰もが一度や二度、都会の喧騒を離れ、田舎でひっそりと暮らしたいという願望を抱いたことがあるのではないだろうか? アメリカの都市部に住んでいたジェスとアリッサの若いカップルは、オフグリッドな生活を手に入れるという夢を実現するために、アイダホ州の深い山奥に自分たちの住処を一から建て始めた。

世の中のさまざまな狭小ホテルを見てきた「未来住まい方会議」。そのスタッフが「これが今までの中で最小かもしれない……」と思わず漏らした宿がスロべニアにある。

小学校の低学年くらいに、あなたもきっと描いたことがあるだろう。「住みたいいえ」というふんわりしたタイトルのもとに、戸建てなのに10階建てでエスカレータがついていたり、屋上でクジラが泳いでいたり、リビングに射的場があったりするエッジーな意匠の家を。

キャンプやマリンスポーツのあとはお風呂に入ってあったまりたい!車で遠くの温泉なんて行ってられない!!〇ラえもんに泣きついたら、こんなの出てきたよ!といった風情の、簡単に持ち運べるバスタブが登場しました。いつものアウトドアもマイ露天風呂で「あったかいんだからぁ♪」