• この記事をつぶやく
  • この記事をシェアする

家族の時間は有限、みんなで旅する家「The Big Blue Bus」

bus.02

家族の時間は、思っているよりもずっと短い。子どもたちは成長して、いずれは両親のもとから旅立ってしまう。あたりまえの日常は、ほんとうはとても貴重なものです。
そんな限られた家族の時間を最大限に楽しむために、この一家が選んだのは「The Big Blue Bus Tour」という、家族の生活をそのまま旅にしてしまう発想でした。

夫の転勤を前にして半年の休暇を取り、8300ドルで買ったのは中古のスクールバス。家族みんなで内装を改造しました。基本の色はもちろんブルー! 並んでいた座席を取り外し、その代わりに狭いながらもこだわりのつまったリビング、6人分のベッドルーム、ささやかなキッチンなどがつくられました。

bus.06
小さな本棚はお気に入りの本でいっぱい。子どもたちにとって、このバスは学校でもあります。勉強机も、小さいながらきちんと用意されています。

bus.07

家族はこのスクールバスの家で、フロリダからアラスカまで5000マイルを旅しています。トイレは無く、緊急時や夜間にはポータブルの簡易トイレを使います。シャワールームも無いので、キャンプ場などの公衆の施設を使わなくてはなりません。冷蔵庫はありますが、靴箱ほどの小さなもの。電気ポットや簡易グリルなど、多少の調理器具はあるけれど、本格的な料理をするのは難しい。旅の間は仕事を休んでいて収入が無いため、食費も節約しなくてはなりません。プライバシーもほとんど無し。

bus.05
それはとても不便な生活かもしれません。でも不便であるからこそ、ゲームのような楽しさがあります。そして、シャワーが安心して浴びられることや、コインランドリーが使えることなど、ほんのささいなことがとても有り難く感じられるのです。

バスでの生活を維持していくために、「システム」と呼ぶ日々のルーティンが決められています。朝起きたらベッドを整えて、快適に過ごせるように部屋を片付ける。子どもたちも自分で洗濯する。お祈りの時間や勉強の時間も、システムのなかに組み込まれています。

bus.04
狭いながらも工夫がたくさん。小さな隙間を利用した収納はまるでおもちゃ箱。メイクをするための鏡は、壁からマジックハンドのように伸びてきます。
さて、人生は有限です。家族で過ごす時間はもっと限られています。貴重な時を見過ごしてしまわないために、こんな人生の選択をしてみるのはいかがでしょうか。

Via: tinyhouseswoon.com / simplybphotos.com

bus.02

家族の時間は、思っているよりもずっと短い。子どもたちは成長して、いずれは両親のもとから旅立ってしまう。あたりまえの日常は、ほんとうはとても貴重なものです。
そんな限られた家族の時間を最大限に楽しむために、この一家が選んだのは「The Big Blue Bus Tour」という、家族の生活をそのまま旅にしてしまう発想でした。

夫の転勤を前にして半年の休暇を取り、8300ドルで買ったのは中古のスクールバス。家族みんなで内装を改造しました。基本の色はもちろんブルー! 並んでいた座席を取り外し、その代わりに狭いながらもこだわりのつまったリビング、6人分のベッドルーム、ささやかなキッチンなどがつくられました。

bus.06
小さな本棚はお気に入りの本でいっぱい。子どもたちにとって、このバスは学校でもあります。勉強机も、小さいながらきちんと用意されています。

bus.07

家族はこのスクールバスの家で、フロリダからアラスカまで5000マイルを旅しています。トイレは無く、緊急時や夜間にはポータブルの簡易トイレを使います。シャワールームも無いので、キャンプ場などの公衆の施設を使わなくてはなりません。冷蔵庫はありますが、靴箱ほどの小さなもの。電気ポットや簡易グリルなど、多少の調理器具はあるけれど、本格的な料理をするのは難しい。旅の間は仕事を休んでいて収入が無いため、食費も節約しなくてはなりません。プライバシーもほとんど無し。

bus.05
それはとても不便な生活かもしれません。でも不便であるからこそ、ゲームのような楽しさがあります。そして、シャワーが安心して浴びられることや、コインランドリーが使えることなど、ほんのささいなことがとても有り難く感じられるのです。

バスでの生活を維持していくために、「システム」と呼ぶ日々のルーティンが決められています。朝起きたらベッドを整えて、快適に過ごせるように部屋を片付ける。子どもたちも自分で洗濯する。お祈りの時間や勉強の時間も、システムのなかに組み込まれています。

bus.04
狭いながらも工夫がたくさん。小さな隙間を利用した収納はまるでおもちゃ箱。メイクをするための鏡は、壁からマジックハンドのように伸びてきます。
さて、人生は有限です。家族で過ごす時間はもっと限られています。貴重な時を見過ごしてしまわないために、こんな人生の選択をしてみるのはいかがでしょうか。

Via: tinyhouseswoon.com / simplybphotos.com

JOURNAL 関連記事

【タイニーハウス住人インタビュー】住宅難もなんのその!NZのタイニーハウス
【タイニーハウスに行ってみた】子供時代を育む「Tiny Village Kleinhuizen」(後編)
【タイニーハウスに行ってみた】子供時代を育む「Tiny Village Kleinhuizen」(前編)