• この記事をつぶやく
  • この記事をシェアする

【ニッポンの新しい小屋暮らし】仲間でシェアする“秘密基地”小屋

JR名古屋駅から中央本線に乗り換えて1時間ほど。到着したJR釜戸駅からさらに車で10分ほど山の方に向かって走ると、緑が生い茂る中に数戸の民家が見えてきた。その集落からさらに数百メートルほど進んだところに、突然真っ黒な小屋が現れた。 その小屋の正体は、YADOKARIが10棟限定で販売したスモールハウス「INSPIRATION」。名古屋にある会社で働く同僚4人が共同購入し、この地に建てたものだ。

READ MORE

建てた理由は「仲間で自由に騒げる場所をつくりたかった」から。もともとアウトドア好きだった彼らは、木々に囲まれた緑あふれる静かな土地で、休日を存分に楽しめる場所を自分たちの手でつくり出した。それはまるで大人の“秘密基地”のようだ。

彼らはいったいどんなふうに小屋を楽しんでいるのだろうか。趣味やセンスがふんだんに盛り込まれた“秘密基地”の全貌とは……?

この続きは、7月20日発売のYADOKARIの新著『ニッポンの新しい小屋暮らし』(光文社)で紹介しています。

ニッポンでも始まっている、新しいムーブメント。『ニッポンの新しい小屋暮らし』は「小さな住まい」の豊かさを知る11の実例を紹介した一冊です。日本国内で小屋を楽しみながら暮らしを育む実例を多数紹介しています。

小さな暮らし方や住まい方に興味がある方はもちろんのこと、自分の手で小屋を作ってみたい方、住まいと豊かな暮らしとの関係についてもっと知りたい方、ぜひお手にとってみてください!

YADOKARIの新著『ニッポンの新しい小屋暮らし』、全国書店やAmazonで絶賛販売中!
⇒ Amazonの購入ページはこちら

JOURNAL 関連記事

【タイニーハウス住人インタビュー】住宅難もなんのその!NZのタイニーハウス
【タイニーハウスに行ってみた】子供時代を育む「Tiny Village Kleinhuizen」(後編)
【タイニーハウスに行ってみた】子供時代を育む「Tiny Village Kleinhuizen」(前編)