縁側のある生活

第4回:縁側カフェが増加中、自宅の縁側をカフェとして活用する|縁側のある生活

成瀬夏実プロフィールアイコン | 2014.10.16
  • facebookでシェア
  • ツイート

縁側カフェ 大沢
未来住まい方会議をご覧の皆様、こんにちは。縁側好きが高じて「縁側のある生活」についてコラムを執筆することになりました成瀬です。
今回は4回目ということで、縁側を利用して町の活性化につなげている静岡県大沢村の「縁側カフェ」と、自宅が文化財としても指定されている「縁側カフェ」の紹介をします。

静岡県で注目されている縁側カフェ

静岡県にある「縁側カフェ」が人気ということで、静岡駅から車で1時間ほどのところにある大沢村に行ってきました。
全方位を霧深い山と茶畑に囲まれた、戸数23のちいさな集落です。

縁側カフェといわれると、古民家を改装したところでおしゃれな食べ物とか出てくるのかな?と想像していたのですが、ここは月に2回(第2,第4日曜日)各家庭の縁側でカフェをするんです。
去年から始まった取り組みらしいのですが、参加している家も多く、静岡県のTV、新聞はほぼ取り上げているみたいで有名な村になりました。

DSC_0943
どの家も茶畑があり、自分のところで作ったお茶を出してくれるので、各家庭ごとに味が違っていてそれもまた面白い。
行った時は8月だったので、お漬け物や畑で取れたとうもろこし、きゅうりなど出してくれたり、
磯辺焼きや柏餅などなど3〜4品出していただき、それでお値段なんと300円…!(安っ!)

安いからついついいろんなところを回るのですが、大抵3軒目くらいでお腹いっぱいになります。

縁側カフェ 大沢
縁側カフェ 大沢
縁側カフェ 大沢
各家庭で出てくるお茶や野菜、手作りお菓子が美味しいというのもありますが、ここの人たちがコンテンツとなっているのが強みと感じました。
温かく迎えてくれるのでまた行きたいと思えて、町がファン化されています。

よく喋るおばあちゃんもいれば、まったりしているおばあちゃんもいたり、とにかく食べ〜!って言ってとうもろこしを2つもくれるおじいちゃんがいたり、話していて飽きないし、とにかくまったりできる。
縁側が憩いの場、交流の場になっているいい例でした。

住所:静岡県静岡市葵区玉川地区大沢
 

文化財に指定されている家を縁側カフェとしてオープン

縁側カフェ 昭和の家

縁側カフェ 昭和の家
築75年の家で、現在も自宅として住まわれています。
最初、ここが空き家になってしまって誰か親戚の方がオーナーとなって引き受けてカフェなどをはじめたのかと思ったのですが、そうではなく昨年有形文化財に指定され(家が文化財ってすごくないですか?)
今年の8月からカフェをオープンしたそうです。

中に入って奥に案内してもらうと、目の前に飛び込んできた縁側は…。

縁側カフェ 昭和の家
なが〜い立派な縁側!

DSC_0079-690x458
DSC_0084-690x458
お庭も広くて、春は庭に枝垂れ桜が咲くとか。
庭に桜があるだけでも驚くのに、枝垂れ桜…、早くも来年の春が待ち遠しいですね。

オープン前に写真撮影などをして、あとはまったりここで本を読んだりして過ごしました。
私が来た後も、読書をするお客さんたち。みんなそれぞれの時間を過ごしており、いい雰囲気でした。

平日の火、水、木、金のみの営業で11:30~18:00まで。
土日はイベントスペースとしてお貸ししているようです。

住所:足立区西保木間2-5-10
最寄り駅 東武鉄道伊勢崎線「竹ノ塚駅」徒歩15分

どちらも自宅を有効に活用し、縁側の良さ、縁側のある生活を実感できる家でした。

  • facebookでシェア
  • ツイート

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

成瀬夏実プロフィールアイコン

Writer 成瀬夏実

大学卒業後、部品メーカーに勤務。その後独立し、縁側愛好家としてメディアやイベントを中心に活動。好きな古民家の共通点が縁側のある家だとわかり、縁側だけに特化した情報サイト「縁側なび」を運営。縁側を探すために、全国を駆け巡る。

現代人は忙しさのあまり心のケアができていない人が多い気がする。忙しい現代人のために少しでも癒される方法の一つとして自身が考案した「縁側浴」を提唱。

将来は、縁側のある家に住むこと。縁側でひなたぼっこをしながら昼寝をすること。また、無駄な空間とされてきた縁側を、住宅業界に再度復活させたい想いがある。

FB:natuyoshi
TW:@natsumi_285
HP:縁側なび

成瀬夏実の執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。