働くを楽しむ

潜り込んで眠れるソファ「Camp Daybed」

TOKYO WORKSPACEプロフィールアイコン | 2015.3.20
  • facebookでシェア
  • ツイート

Stephanie-Hornig-Camp-Sofa-Yellowtrace-02

またまた徹夜で会社に泊まりだ……あなたはどこでどんな風に仮眠をとっていますか?デスクで突っ伏して?ソファで丸まって?少しでも快適に眠った方が、起きてからもっと仕事をがんばれますよ!

Stephanie-Hornig-Camp-Sofa-Yellowtrace-01
Stephanie-Hornig-Camp-Sofa-Yellowtrace-05

どうせ仮眠の時間がとれるのなら、布団にくるまって寝たいですよね。ロンドンのプロダクトデザイナーStephanie Hornigが制作した、「Camp Daybed」は、普段はソファとして使え、さぁ寝るぞ!となったらジッパーをはずして中に潜り込むことができるんです。

でも毎日使っていたら汚れそうです。大丈夫、こちらは脚部分を外して洗濯することもできるのでご安心を。

Stephanie-Hornig-Camp-Sofa-Yellowtrace-04
Stephanie-Hornig-Camp-Sofa-Yellowtrace-06

なるべくならば徹夜は避けて、家に帰ってゆっくり休んでほしいところですが、やらなきゃならない時はあります。このソファが会社に一つあるだけで、スタッフのストレスが軽減されるのではないでしょうか。

▼「Camp Daybed」
http://jam.tokyoworkspace.com/entry/315

バナー2

 

 

  • facebookでシェア
  • ツイート

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

TOKYO WORKSPACEプロフィールアイコン

Writer TOKYO WORKSPACE

TOKYO WORKSPACEは、実際に入居者募集をしている、東京ならではのデザインオフィス物件を掲載したオフィスカタログサイトです。

一日の多くの時間を過ごすオフィス空間との出会いを、立地、スペック、など理性的な側面だけではなく、ファッションや人との出会いのように、フィーリングや相性でしっくりくる、そんなオフィス空間との出会いをワークスタイルのご提案も含めカジュアルにご紹介しています。

運営会社のCityLights Tokyoは、ワークスペースとは対局にある、休日を過ごす不動産のご提案として、YADOKARIと共同で休日不動産共同運営中。

人と不動産のカジュアルな接点を、働く時間と、遊ぶ時間の両極から、利用する人のライフスタイルにこだわり日々提案しています。

FB:TOKYO WORKSPACE
TW:@TOKYOWORKSPACE
HP:TOKYO WORKSPACE

TOKYO WORKSPACEの執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。