世界の小さな住まい方

”住む”とはなにか?ひとつの解がここにある「Guest House by AATA」

YADOKARIプロフィールアイコン | 2014.9.3
  • facebookでシェア
  • ツイート

「Guest House」は南アメリカ大陸、チリのリベルタドール州にあります。ゲストハウスといっても、プライベート住宅です。この家は、AATA architects が2005年から2006年にかけて施工したものです。

「Guest House」は、方角、窓の位置、太陽光、内装、遮断性に注目し、その土地の条件に最も適応するように設計されました。「住むとはなにか」という問いへの答えを体現したようなつくりになっています。とくに、壁や屋根のつくりにそれが表れています。

壁は、泥でコーティングされた干し草ブロックを、ポリカーボネートの板で囲う構造になっています。また屋上部分には草が敷き詰められており、風に煽られることを防ぎ、熱を外に逃がす役割を果たしています。屋根を単純に重くするだけでなく、熱を逃がし、かつ周りにある資源を使い、とてもよく工夫されています。

c_invitados_001
壁や屋根に使用した草は、建物の周りに生えているものを使っています。その土地にある豊富な資源を使っている点がポイントですね。
「住む」というのは周りにあるものを使っていくことで、豊かさというのは、衣食住の材料が豊富にある土地のことかもしれませんね。

将来の住処を探す時、衣食住の材料が豊富かどうか、という視点で旅をするのも楽しそうですね。

CRW_0191
名称未設定
Via:http://www.aata.cl/index.php

  • facebookでシェア
  • ツイート

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

YADOKARIプロフィールアイコン

Writer YADOKARI

ミニマルライフ/多拠点居住/スモールハウス/モバイルハウスを通じ暮らし方の選択肢を増やし、「住」の視点から新たな豊かさを定義し発信します。暮らし方の選択肢を増やすことで、場所・時間・お金に縛られないライフスタイルを実現し、人生の満足度/幸福度を向上させます。

FB:YADOKARI
TW:@yadokari_mobi
HP:未来住まい方会議 by YADOKARI

YADOKARIの執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。