世界の小さな住まい方

自然に寄りそって暮らすための、木の箱「The Box House」

YADOKARIプロフィールアイコン | 2014.9.8
  • facebookでシェア
  • ツイート

オーストラリアのシドニーから数百km南に位置する森の中に、The box houseと呼ばれるキャビンが建っています。このキャビンのオーナーは、かつてはこの場所でテント暮らしをしていました。しかし、テントよりもっと生活のしやすいシェルターを求めて、Neeson Murcutt Architectsの設立者の1人である建築家、Nicholas Murcuttにキャビンのデザインをお願いしたのです。

006
このThe box house、開口部がたくさんあるので一見複雑そうな作りに見えますが、実際はとてもシンプルな木の箱です。北側の壁だけはほぼ一面がガラス窓なので、施工には技術が必要でしたが、その他の部分はすごくシンプル。北側以外は、サイディング(建物の外壁に使用する,耐水・耐天候性に富む板)の壁に小さな窓がいくつか空いているだけ。一般的な家屋のような断熱材ははいっていませんし、内装の仕上げも一切なし。ユーカリの木のサイディングに合うように、窓部分に木製の雨戸がついているだけです。

002
このキャビンが建てられた当初は、電気も水道もガスもありませんでした。トイレすらないので、近所の家のトイレを借りて生活していたそう。現在は、ソーラーパネルを設置して自家発電したり、雨水をタンクにあつめて生活用水として使用しているようです。電気や水を得たといっても、あくまでも自然に寄り添った生活を送り続けているそうです。

004
003
外観、設備だけではなく、中身もシンプル。1階のメインのフロアと、ロフトだけという構成です。メインのフロアは6m四方の36平米。ロフトはその半分弱の広さです。床面積の数字だけ見ると狭いと思いがちですが、北側の大きな開口部と、1階部分に連続しているデッキのおかげで、全く狭さを感じさせません。それに加えてこの立地。周りの森や野原をリビング代わりにくつろぐことができそうです。晴れた日は外で食事をとるのも気持ちよさそう。「家が欲しい」ではなく、「シェルターがほしい」と言ったオーナーの気持ちがわかるような気がします。

via:http://smallhousebliss.com

  • facebookでシェア
  • ツイート

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

YADOKARIプロフィールアイコン

Writer YADOKARI

ミニマルライフ/多拠点居住/スモールハウス/モバイルハウスを通じ暮らし方の選択肢を増やし、「住」の視点から新たな豊かさを定義し発信します。暮らし方の選択肢を増やすことで、場所・時間・お金に縛られないライフスタイルを実現し、人生の満足度/幸福度を向上させます。

FB:YADOKARI
TW:@yadokari_mobi
HP:未来住まい方会議 by YADOKARI

YADOKARIの執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。