世界の小さな住まい方

ミニマムな予算でかなえる、ウィークエンドハウスの夢「THE BLUE HOUSE」

YADOKARIプロフィールアイコン | 2014.9.6
  • facebookでシェア
  • ツイート

週末をお気に入りの空間で過ごせたら。そんな夢をミニマムな予算でかなえてくれる家を見つけました。このBLUE HOUSEは若い家族が、限られた予算の中で何とか自分たちの夢を実現できないかとRusafova Markulisという建築家に相談した結果生まれたもの。シンプルな外観ですが、いろいろな工夫が小さな空間に織り込まれています。

木々に囲まれた森の中の地形を損なうことなく、小さな屋根の建屋を最小限の基礎で支え、母屋とはウッドデッキで行き来できるという設計。こうすることで、敷地内にある木々や地面を傷めることなく、可愛らしい“週末の住まい”を立ち上げることができました。

rusafova-markulis-blue-house-exterior3-via-smallhousebliss
小さいとはいっても、床面積は88.3㎡を確保。ダイニングキッチン、リビングルームはもちろんのこと、ロフト付きのベッドルームやユーティリティスペースだって確保することができました。リビングルームを見下ろせるロフトは、小さな子供がいる家族にとって、住まう楽しみが何倍にも広がる素敵な演出です。

rusafova-markulis-blue-house-ldk1-via-smallhousebliss
インテリアは主にシートロックという明るく軽やかな素材で仕上げられているので、積極的に取り入れた外光が室内に心地よく広がります。低コストの合板をふんだんに使いながらも、住まいとしての温かみを犠牲にしない。こんなウィークエンドハウスを持てるなら、ちょっと不便な田舎に住むのもいいかもしれませんね。

rusafova-markulis-blue-house-ldk7-via-smallhousebliss
rusafova-markulis-blue-house-exterior0-via-smallhousebliss
Via:http://smallhousebliss.com/

  • facebookでシェア
  • ツイート

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

YADOKARIプロフィールアイコン

Writer YADOKARI

ミニマルライフ/多拠点居住/スモールハウス/モバイルハウスを通じ暮らし方の選択肢を増やし、「住」の視点から新たな豊かさを定義し発信します。暮らし方の選択肢を増やすことで、場所・時間・お金に縛られないライフスタイルを実現し、人生の満足度/幸福度を向上させます。

FB:YADOKARI
TW:@yadokari_mobi
HP:未来住まい方会議 by YADOKARI

YADOKARIの執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。