世界の小さな住まい方

海辺のテラスの小さな家、「ステキな15㎡(15 FANTASTISKA KVADRATMETER) 」

YADOKARIプロフィールアイコン | 2014.10.10
  • facebookでシェア
  • ツイート

海辺の街、トローサ(Trosa)はスウェーデンで最も古い街の一つ。首都ストックホルムから、車で一時間ほどの距離で辿り着く。街の中を流れる運河沿いに小さな家々が立ち並び、 スウェーデン国内からの観光客も多く集まる。 運河沿いの街の中心部から少し離れると、そこにはバルト海を臨む、スカンジナビア特有の岩の海岸線が続く。
そんな岩場の陰に、指で摘まんで置かれたような小さな小屋が見える。


15㎡の小さな小屋では、パパとママに3人の子供たち、そして一匹の犬。5人と一匹の家族が、快適で豊かな日々を過ごしている。

15frigga_05
15frigga_02
白く塗られた板張りの室内の壁際にすっぽり収まるダブルベッド。その脇には子供たちの二段ベッドが見える。朝の目覚めで最初に観える景色は、きっとウッドデッキの先に広がる静かな海辺だろう。そんな景色に浸っていると、朝食を楽しみに子供たちがベッドのハシゴを降りてくる。そんな朝の情景が思い浮かびそうだ。

15frigga_04
花崗岩の岩場にデッキチェアを並べれば、天然のパティオに生まれ変わる。
そんなパティオで、心地よい風に包まれながら、北欧の優しい日差しを楽しむことだってできる。ベッドに寝そべりながら、ぼんやり海を眺めるだけ、何もしない静かな休日を過ごしたって構わない。
すぐ隣の別棟には、キッチンやトイレなどの水回りがある。 目の前で釣ってきた魚をソテーしたり、昼下がりにワイングラスを片手に、ニシンの酢漬けを摘んでみたりするのも楽しいかもしれない。
スウェーデンお馴染みのサウナも、別棟にちゃんと設けられている。もちろん、そのまま海にザブンと入れる。

15frigga_03
多くはないが、お気に入りの少しのモノに囲まれる、海辺の小さな15㎡。
部屋を彩る花を、蚤の市で買ってきた花瓶に生ける。古びたサイドテーブルは、廃車にしたポンコツ車から連れてきた。夫婦のベッドにはIKEAで購入したストライプ柄のベッドカバー。
子供たちのベッドのラグは、何年も前に夫婦旅行で訪れたインドで購入。そのときよりは家族が増えているのかもしれない。思い出に囲まれながら、家族のストーリーは、ずっと続いて行くのだろう。
こんな静かな海辺でお気に入りな一日を過ごせることは、何にも変えがたい幸せなことなのかもしれない。

via:http://www.skonahem.com/

  • facebookでシェア
  • ツイート

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

YADOKARIプロフィールアイコン

Writer YADOKARI

ミニマルライフ/多拠点居住/スモールハウス/モバイルハウスを通じ暮らし方の選択肢を増やし、「住」の視点から新たな豊かさを定義し発信します。暮らし方の選択肢を増やすことで、場所・時間・お金に縛られないライフスタイルを実現し、人生の満足度/幸福度を向上させます。

FB:YADOKARI
TW:@yadokari_mobi
HP:未来住まい方会議 by YADOKARI

YADOKARIの執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。