世界の小さな住まい方

自然との一体感を楽しめる、人に優しいプレハブキャビン「TimberCab 550」

Cabin4
「TimberCab 550」は、アイダホ州北部の Lake Pend Oreilleという湖の畔に建てられた。北はカナダ、東はモンタナ州、そして西はワシントン州と、国境と州境近くにあるLake Pend Oreille周辺は、ゴツゴツした岩山に囲まれながらも、 国立公園が数多く点在するため 、カヌーやキャンプなどのアウトドアが楽しめる場所でもある。
そんな、自然豊かな湖を一望できるTimberCab 550は、まさに自然と一体となれる小さなキャビンハウスである。

TimberCab 550 02
TimberCab550はその名の通り、広さが総床面積550平方フィート(51.1㎡)というプレハブのキャビン。このTimberCab 550は、ワシントン州シアトルにあるFabCabという会社が取り扱っているプレハブハウスで、その中でも一番小さいモデルだ。長方形型のキャビンは、ベッドルーム1つとバスルーム1つ、それにキッチンとリビングルームがセットになったコンパクトな作りになっている。

TimberCab 550 03
そのような小さな作りながら狭さを全く感じさせないのが、このTimberCab 550の魅力 。キャビンの角という角に大きな窓を取り付けることで内外の境界線をなくし、小さな空間を大きく見せるよう工夫がなされている。

そしてもう一つは、リビングルームとベッドルームの間の壁を天井まで施さずに、上の空間をわざと空けている。それによって、壁があるとどうしても感じてしまう閉塞感を、この小さな空間のお陰で感じずにすむのだ。
更に、その大きな窓からは湖を一望できるようになっているので、四季折々の美しい風景を思う存分満喫できる。

TimberCab 550 04
そしてTimberCab 550のもう一つの特徴は、 車椅子でも快適に過ごせるようにバリアフリーになっているところ。各ドアは通常より広めで、どの部屋の境界線もシームレス(継ぎ目がないこと)化されている。そのため、ストレスを感じることなく車椅子での移動が簡単にできるのだ。

ベッドルームとバスルームのドアは引き戸になっており、これも車椅子でも開けられやすいようにとの配慮だ。加えて、車椅子でも一人で容易に行き来できるようにと、キャビンのバスルームはゆったりしたスペースでできている。

TimberCab 550 05 小さいながらも快適に過ごせるように、たくさんの工夫が施されたTimberCab 550。アイダホの厳しい自然と一体になりながらも人に優しいキャビンは、今日も静かに湖を見つめるように静かに立っているのだろう。
TimberCab 550 06 Via: smallhousebliss.com

  • facebookでシェア
  • ツイート

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

アプティグラフト佳菜プロフィールアイコン

Writer アプティグラフト佳菜

アメリカ在住。現在、アメリカの大学にてジャーナリズムを専攻し、学位取得を目指す。普段大学では、社会問題や法律に関係した記事を中心に執筆。

アメリカに移住してからというもの、アンティーク&ヴィンテージのグラスウェアや小物の収集に明け暮れ、他にも、時間が出来ると布小物を製作したり、写真撮影をしたりと、あちこちに手を広げては時間が足りないのが悩み。

将来は、とにかく日本語と英語でどんな記事でも書けるマルチなジャーナリストになれるよう、日々修行中。

アプティグラフト佳菜の執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。