世界の小さな住まい方

雪の中でもあたたかく過ごす、木目が優しい雪原の家「Methow Cabin」

YADOKARIプロフィールアイコン | 2014.12.5
  • facebookでシェア
  • ツイート

methow-w
家主が大好きだという「クロスカントリースキー」と「クロスカントリーバイク」そのコースの横にぽつんとたたずむ家が「Methow Cabin」です。

methow-se
設計者であるEggleston Farkasは、寒いこの土地でも快適に過ごせるよう、またスペースを有効に活用できるよう、この家にいくつかの工夫をしています。

まずは、この斜めに大きく傾いた屋根の作るスペースを利用して作られたロフトスペース。このスペースは寝室として利用されているそうで、屋根のおかげで雪は地面にすべり落ち、水が流れ落ちるので漏水の心配も無用です。

methow-dining
この家は、スペースを有効活用するだけでなく、環境に優しい配慮が随所になされています。自然換気のシステムを導入したり、薪ストーブを設置したり、仕上げ材の使用も最低限に抑えました。
この薪ストーブの熱が上昇してロフトにも伝わるので、寝室は暖房なしでも暖かいそうです。

methow-living-dining
加えて、熱が外に逃げないようにガラスの使用面積を減らして、ガラスも熱が逃げにくいものにしています。屋根の張り出しも、外からの光を遮ってくれるので熱調節に一役買っているようです。

この家の建っている場所は、元々人の手が全く入っていなかった土地。そのため、工事期間中に引っこ抜いた植物を元に戻すという努力をしているそうです。

methow-dusk-ne
冬がやってきました。しんしんと降る雪の中、静かな場所で過ごすのも魅力的かもしれません。

Via:
inhabitat.com
eggfarkarch.com

  • facebookでシェア
  • ツイート

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

YADOKARIプロフィールアイコン

Writer YADOKARI

ミニマルライフ/多拠点居住/スモールハウス/モバイルハウスを通じ暮らし方の選択肢を増やし、「住」の視点から新たな豊かさを定義し発信します。暮らし方の選択肢を増やすことで、場所・時間・お金に縛られないライフスタイルを実現し、人生の満足度/幸福度を向上させます。

FB:YADOKARI
TW:@yadokari_mobi
HP:未来住まい方会議 by YADOKARI

YADOKARIの執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。