世界の小さな住まい方

日常から脱出する空間、移動もできる森の小屋「ESCAPE」

YADOKARIプロフィールアイコン | 2015.1.4
  • facebookでシェア
  • ツイート

es
建築家、ケリー・デイビスによってアメリカ・カヌーベイに設計された、「ESCAPE」は一見すると完全に家屋だが、実は移動可能な住居だ。
そのため、移動交通手段と移動空間を併せ持つ「乗り物」と見なされる。

escape4
基礎から離せば移動可能なこの住居。室内の壁には、杉の細い板を一枚一枚丁寧に重ね張りにして仕上げており、木の温もりが目に優しい。
LEDによって室内は明るく保たれ、間取りは通常の「住居」と同規模。リビングルーム、ダイニングキッチン、寝室にバスルームも備えているため、もしここで暮らすことになっても快適な毎日を過ごせるだろう。

escape7
escape
テラスに見える部分は実はガラス張りの部屋で、たっぷりと日の光が射す気持ちの良い空間になっている。
ここではベッドに寝そべってもいいし、ソファに腰掛けて本を読んでもいい。色気はないかもしれないが、洗濯物を乾かすのにも重宝するかもしれない。

escape5
ESCAPEシリーズは様々なサイズのものが用意されているが、オプションでアレンジ可能な住宅なので、暖炉を設置したり天井のデザインを替えたりと、さらに細かいニーズに応えることもできる。
残念ながら日本では未発売の住宅だが、モバイルハウスを手に入れる人も増えてきた昨今、工夫すれば日本でも作り出すことができるかもしれない。

escape6
ESCAPEという単語には、「逃げる」という意味の他に、「脱出する」という意味もある。
ひとつの環境にいるだけでは息が詰まりがちになってしまう。日常を脱出し、普段とは違う時間を楽しむための空間が手に入れば、生きることはもっと豊かになるに違いない。
それに加えて、この家は移動もできるのだから、住む土地に飽きたら別の場所に移ってもいい。その楽しみはずっと続くのだ。

Via:
escapehomes.us
huffingtonpost.com

  • facebookでシェア
  • ツイート

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

YADOKARIプロフィールアイコン

Writer YADOKARI

ミニマルライフ/多拠点居住/スモールハウス/モバイルハウスを通じ暮らし方の選択肢を増やし、「住」の視点から新たな豊かさを定義し発信します。暮らし方の選択肢を増やすことで、場所・時間・お金に縛られないライフスタイルを実現し、人生の満足度/幸福度を向上させます。

FB:YADOKARI
TW:@yadokari_mobi
HP:未来住まい方会議 by YADOKARI

YADOKARIの執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。