ファッショントレンドは「窓」から発信?「MOMO shop」

場所は、香港。人気のスポット、Causeway Bay(銅鑼湾)。オシャレなショッピングモールに集まるのは、観光客だけではないようだ。

役目を果たし終えた大小様々な「窓」がここには集まっている。不要になった窓を寄せ集めて作られた、ティピー(米インディアンのテント式住居)のような形をしている「MOMO shop」はティーンズファッション専門店。

内部はTシャツのランプシェードがブラ下がり、子供の頃に夢見た秘密基地みたいだ。
広さはちょうど20平米。コンパクトに解体できて、組立ても簡単なので、ほかにも色々なところに出没しそう。
主な素材は「窓」のほかに、MDFボード(木材チップを接着剤で固めたボード)やプチプチの包装材などのリサイクル材が見えるところに使用され、「環境への配慮を見せる」デザインを意図している。

この「MOMO shop」を手掛けたのは、香港を中心に活躍するインテリアデザイナーAndy Tong。

「環境に配慮した特徴的なデザインが、人々を引きつける」

これが、Andy Tongの店舗デザインにおけるコンセプト。
MOMO shopの他に3つのブランドが、このAndy Tongのデザインコンセプトの採用を決定したそうだ。

ちなみにMOMO shopのブランドネームの由来は、日本語の「桃(MOMO)」。
桃から生まれたのは、桃太郎ですが、窓から生まれるのは、香港の最新ティーンズファッションのようです。

MOMOshop1

MOMOshop2

MOMOshop3

MOMOshop4

MOMOshop5

via: atccl.com, frameweb.com

0