世界の小さな住まい方

スペインの深刻な経済状況を表している!? 黒いミニチュアハウス集落

EMMAOSLOプロフィールアイコン | 2014.4.23
  • facebookでシェア
  • ツイート

閑古鳥が鳴きだしそうなほどエンプティで寂しいミニチュアハウスの黒い集落。それはまるで鳥がくるのをひたすら待つ鳥小屋のよう。今回紹介する作品は、スペイン人のデザイナー兼アーティストJavier Requejoが建てたミニチュア版Palafito(パラフィート)です。

パラフィートとは、水上にせり出すように建てられている高床式の住居のことをいいます。これは、チリをはじめとする南米や東南アジアの熱帯地域にもよく見られる建築様式で、もともと害虫や洪水の被害を防ぐために発展しました。立地場所は、河川や海辺、湖や湿地帯、ジャングルなどが多く、住居が集まって水上集落を形成しているのが特徴です。

Requejo氏は、このパラフィートを真似て13個のスモールサイズの高床住居を作りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

泥沼のぬかるんだ不安定な立地は、近年スペインにみられる深刻な経済危機、およびそれに伴う将来への不安感を暗示しているとか。さらに黒い配色によって、国民の失意や喪失感といったものも表現しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本格的な大不況、高い失業率、脆弱な実体経済—そんなスペインの現状にひっそりと警鐘をならす今回の作品。

もちろん、スペインだけでなく、隣国ポルトガルをはじめイタリア、アイルランド、ギリシャなど、ここ数年のEUは過剰な財政赤字に苦しんでおり、実態はかなり深刻。そうしたなか問題提起をしていくのも、この泥沼から脱却する手がかりを探すのも、ミニマリストの重要な仕事かもしれません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

via: mocoloco.com

  • facebookでシェア
  • ツイート

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

EMMAOSLOプロフィールアイコン

Writer EMMAOSLO

世界の小さな住まい方ライター担当。

大学、大学院と現代美術史を専攻。ミニマルアートのことばかり考えて過ごし、その流れでYADOKARIに行きつきました。

「どんなスペードもハートを内包しているように、ミニマリズムにも独自の温かさがある」をモットーに、ミニマルハウスの新たな可能性を模索中。

HP:emmaoslo

EMMAOSLOの執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。