世界の小さな住まい方

フランク・ロイド・ライトの一風変わった教育と、建築学生の粋な試み

EMMAOSLOプロフィールアイコン | 2014.6.27
  • facebookでシェア
  • ツイート

米国アリゾナ州、スコッツデール郊外のタリアセン・ウェスト。ここは、あの名高い建築家フランク・ロイド・ライトが冬の間過ごしたスタジオであり、また世界中から集まった建築学生が、ライトの唱えた「有機的建築」について学ぶ場所でもある。

タリアセン・フェローシップに参加した若者は、屋外テントやシェルターを各自で作り、そこで寝起きしなければならない。建築学生の一人、デイビッド・フレイジーは、廃墟跡をうまく再利用してシェルターを建てることにした。小屋の形状は、既存のコンクリートブロックや煙突に合わせて設計。近くの山を無理なく眺められるよう、方角も調整した。

Glass-windows-offer-a-view-of-the-world-outside1
テントとの違いは、テンポラリーではなく耐久性があることくらいで、バスルーム、キッチン、電力もなしという究極のシンプルさを追求している。夜は、棚に置いたキャンドルだけが頼りだ。とりあえず寝られれば十分というわけである。

taria02
もはや家というより、ドナルド・ジャッドやリチャード・セラを彷彿とさせる一塊のミニマル彫刻だが、その存在感は抜群だ。

過去の隕石のように見捨てられていた廃墟が、今やガラス窓に太陽を輝かせ、砂漠の真ん中で恍惚と光を放っている。過去の遺産の欠片にまた一つ、新たな価値が生まれようとしている。

taria03
taria05
taria01
Via:http://www.decoist.com/2014-03-18/tiny-cabin-glass-steel/

  • facebookでシェア
  • ツイート

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

EMMAOSLOプロフィールアイコン

Writer EMMAOSLO

世界の小さな住まい方ライター担当。

大学、大学院と現代美術史を専攻。ミニマルアートのことばかり考えて過ごし、その流れでYADOKARIに行きつきました。

「どんなスペードもハートを内包しているように、ミニマリズムにも独自の温かさがある」をモットーに、ミニマルハウスの新たな可能性を模索中。

HP:emmaoslo

EMMAOSLOの執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。