04 人間は、自分を取り巻く空間に境界をつくり出し、その内と外を器用に行ったり来たりする生き物だ。住居は隣近所との明確な線引きの上に存在しているし、芸術家のアトリエは日常から隔絶した神聖な場所とみなされる。こうした幾重の境界線によって「場」は制限されることになるが、逆に「場」に誰かを招き入れ、共有すれば、その世界を優しい愛で満たすこともできる。たとえば多くのカップルにとって、ベッドという空間は、二人の調和の源だ。