グルジアの建築家Dachi Papuashviliは、教会メンバーのための修道院として、十字型マイクロホームのコンセプトを提案している。

国民の75%グルジア正教徒であるグルジアの首都トビリシ。 トビリシに拠点を持つPapuashviliが提供するこの宗教観たっぷりな住居は、聖職者はもちろん一般の人にも提供される修道院の隠居庵のようなデザインコンセプトを持つ。 輸送コンテナの廃材を利用し、施工が容易にでき、完全に自給自足可能なプロトタイプを目下、作成予定だ。