マーク・ベリーマンは少し働いて次の場所に移り、またそこで少し働き……という渡り鳥のような生活を望んでいた。最終的には、ニューヨークで根をはり、落ち着くことを決めた。

思わぬところからひょいっと家具や収納を取り出してみせる、建築家ユニット「Elii」の再びの登場です(ちなみに前回ご紹介したのは『ロフト1つ分のスペースの使い方が近未来的すぎる!「Tiny Modern Madrid Loft By Elii」』)。

標高1760m、アルプスの牧草地、スイスのアンゼール。冬になれば、雪深く過酷な気候条件の雪山だが、夏場は放牧地として、緑の草原に囲まれる。牧畜用の石積の小屋は、1878年に建てられた。