今時代が求めているのは、自分の頭で考え、他人軸ではない心から楽しめる仕事やコトを見つけて実現するライフスタイル。しかし子供のうちから手とり足とり親の敷いたレールを歩いていくだけでは、子供がいざ大人になった時、「自分は何がしたいのか?」と進むべき方向を見失ってしまうことにも……。 わが子の「好き」はどこにあるのか、一緒に悩み、その過程を見守ってあげることも親として必要なことなのかもしれません。今日はタイニーハウスを作る過程で大人への階段を上り始めた12歳の女の子のストーリーをご紹介したいと思います。