ツリーハウス

ツリーハウス×レストラン!おいしい木漏れ日のつくり方「Yellow Tree House」

EMMAOSLOプロフィールアイコン | 2014.5.5
  • facebookでシェア
  • ツイート

ツリーハウスは、裏庭に作る秘密基地=子供の頃の思い出の場所というイメージがありませんか?しかし、現代のツリーハウスのデザインは年々進化しています。たとえば、地上10mのところにレストランを建てたいという構想が頭に浮かんだ時、ツリーハウスは十分その選択肢になり得るのです。

ニュージーランドのオークランド北部。ここに、大きなセコイアの木に設置され、ポプラ材で繭のようにくるまれた外観のおしゃれなツリーハウスがあります。Pacific Environment ArchitectとYellow Pagesのコラボレーションにより誕生した「Yellow Tree House」です。

1065305125
小屋でもない、テラスでもない、新しい感覚のこの建物は、2008年から2009年の間、Yellow Pagesの広告キャンペーンの一環で、レストランとして利用されました。その際は、ウェイターが地上の厨房から長いデッキを何度も往復して料理を運んだようです。

10653051081065305145
現在はレストランとしてより、ウェディングやイベントで使われることが多いそう。およその座席数は30。カジュアルなスタンディングの集まりだと50人は収容できます。

1065305186
ツリーハウスは、高層ビルに囲まれて暮らす私たちに、高すぎず低すぎずの目線を与えてくれる建築です。塔の上で長い髪をとかす少女や、豆の木に登って巨人と出くわす少年になれなくとも、大人だって、木の上でイベントを楽しむくらいの夢があってもいいはず。ツリーハウスの木漏れ日には、リアルとファンタジーとの境界をなくす魅惑的なパワーが宿っているのです。

1065305238

Via:
http://www.mymodernmet.com/profiles/blogs/pacific-environment-architects-yellow-treehouse-restaurant/

  • facebookでシェア
  • ツイート

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

EMMAOSLOプロフィールアイコン

Writer EMMAOSLO

世界の小さな住まい方ライター担当。

大学、大学院と現代美術史を専攻。ミニマルアートのことばかり考えて過ごし、その流れでYADOKARIに行きつきました。

「どんなスペードもハートを内包しているように、ミニマリズムにも独自の温かさがある」をモットーに、ミニマルハウスの新たな可能性を模索中。

HP:emmaoslo

EMMAOSLOの執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。