• 先日は、YADOKARIの高架下タイニーハウス複合施設「Tinys Yokohama Hinodecho」オープニングパーティーにご来場頂いた皆さまありがとうござい […]

    0
  • YADOKARIタイニーハウスに無料で泊まれる!Instagramキャンペーン開始しましたー!

    4/28(土)〜5/31(木)までの期間、YADOKARIが運営するタイニーハウスホステルの無料宿泊券やその他豪華プレゼントが当たります!

    応募方法は、「Tinys Yokohama Hinodecho」の写真を撮影し、Instagramにて指定のハッシュタグ 「#tinys」をつけて投稿していただくと,抽選で […]

    0
  • YADOKARIは、京急電鉄と連携の下、横浜市日ノ出町・黄金町エリア活性化の一環として、高架下に動産・タイニーハウスを活用した複合施設「Tinys Yokohama Hinodecho(タイニーズ 横浜日ノ出町)」をオープンします。それに伴い、この場所から新しい文化を創っていく「コミュニティビルダー」と「カフェ・ホステルスタッフ」を募集します。

    Tinys Yokohama Hinodecho […]

    0
  • 世界中のタイニーハウスやモバイルハウスのメディア運営や、動産活用による遊休地や暫定地の企画・開発を手がけるYADOKARI株式会社(東京都中央区,以下YADOKARI)は、京浜急行電鉄株式会社(東証1部上場、東京都港区、以下京急電鉄)との連携の下、横浜市日ノ出町・黄金町エリア活性化の一環として、高架下に動産・タイニーハウスを活用した複合施設「Tinys Yokohama Hinodecho(タイニーズ 横浜日ノ出町) […]

    0
  • 都心に住まい、小菅村に憩う週末2拠点生活のスタート!
    週末の朝、家族や仲間とレンタカーに乗り込もう。

    仕事に打ち込み、大事な人々に囲まれた毎日。「充実しているけれど、最近忙しすぎやしないだろうか……」。ふと疑問が心をよぎったら、もう一つの居場所に出発するタイミングかもしれない。

    春の訪れを感じる週末。僕らは都内から車で2時間弱の秘境、山梨県小菅村に向かった。トランクに詰め込んだのは、特別なコーヒー豆と「 […]

    0
  • 神奈川県中南部の、いわゆる湘南エリアにある茅ヶ崎市。年間を通じて温暖な気候で、相模湾に面しているためサーフィンなども盛んだ。それに惹かれて市外から移り住む人が多く、オープンな地域性でも知られる。取材日はちょうど晴天。「空が広くて明るい!」が、茅ヶ崎駅を降りた第一印象だった。

    その駅から海岸へまっすぐ伸びる道を歩いて15分ほどの場所に、2ヶ月に1回、第2土曜日に市が立つ。その名も「茅ヶ崎ストーリーマルシェ」という […]

    0
  • カナダでもっとも有名な画家の、喜びと愛に満ちた真実と豊かさの物語
    カナダの小さな港町で、子供のように無垢で愛らしい絵を描き続けた素朴派画家のモード・ルイス。夫のエベレットは不器用ながらも妻のサポート役として献身的に尽くしていた。孤独だった2人が運命的な出会いを経て、夫婦の絆とたしかな幸せを手に入れた感動の実話を映画化!

    毎日、鮮やかな色彩でカナダの美しい風景と動物たちを描いたモードは、愛とユーモアに満ちた心象 […]

    0
  • 世界中のタイニーハウスやモバイルハウスのメディア運営や、動産活用による遊休地や暫定地の企画・開発を手がけるYADOKARI株式会社(本社:東京都中央区,以下YADOKARI)が、鉄道・バス・タクシーなどの交通事業等を展開する京浜急行電鉄株式会社(東証1部上場、本社:東京都港区、以下京急電鉄)と共に横浜市、日ノ出町・黄金町エリアの沿線高架下の活性化の一環として、動産・タイニーハウスを活用した日本初の「高架下タイニーハウ […]

    0
  • 日本のミニマルライフ、小屋、タイニーハウスムーブメントを牽引するYADOKARI。住まいと暮らし、働き方の原点を問い直し、これからを考えるソーシャルデザインカンパニーです。

    世界中の小さな家やミニマルライフを紹介する「YADOKARI」、全国の遊休不動産・空き家のリユース情報を扱う「休日不動産」、ちいさな暮らしを実践する「TINYHOUSE ORCHESTRA」、新たな働き方を提案する「未来働き方会議」等々の提 […]

    0
  • こんにちは、YADOKARIです。いかがお過ごしでしょうか?

    昨年末に開催したYADOKARIサポーターズパーティーからあっという間に一年が経ちました。早いものですね。

    今年はYADOKARIが運営する「BETTARA STAND 日本橋 感謝祭 兼 YADOKARIサポーターズ忘年会」の同時開催となります!といってもフリー入退場OKのラフな飲み会ですので、お時間許すようでしたら遊びに来て頂ければ嬉しいで […]

    0
  • 韓国のデザイン誌「DESIGN」と、オランダのライフスタイル誌「flow」でYADOKARIの活動を紹介頂きました!

    韓国はソウル近郊の住宅価格が高騰、若者達の住宅環境が劣悪で問題視されおり、その流れもあってか小さな暮らしの潮流に目を向け始めているようです。

    オランダは大規模なタイニーハウスコンテストなども開催されており、オフグリッドに力を入れたタイプが増えてます。YADOKARIでも現地ライターさんに取 […]

    0
  • 小菅村×YADOKARIで、今年も「タイニーハウスデザインコンテスト」を開催します!

    官民協働で行われるこのコンテストの素晴らしいところは、受賞作品が実際に建設され、村の試住・移住の拠点となり、さらに販売も行っていくという実践活用に重きを置いているところ。絵に描いた餅では終わりません。

    第1回(2017年)は応募者も世界中から100名に達し、優秀作品に選ばれた3作品が実際に小菅村に建設されることとなりまし […]

    0
  • リビングからの眺めは、芝と海と広がる空。高台にあるこの家は、遮るものなく、海を見下ろすことができ、遮るものなく空を仰ぐことができる。力を抜いて座っているだけで癒される。そんな建物を見つけた。
    物件の詳細情報・お問い合わせはコチラ

    建物は所謂モダンデザイナーズハウス。
    間取りは3SLDK。建物の形状が芝の庭を囲うようにL字で構成されているため、かなり独特。広めのLDKに独立したゆったりめの居室が3つ。どの […]

    0
  • ★当初の開催日が台風接近と重なる予報のため、開催日を以下に変更いたしました!!
    —-
    11/11(土)12(日)10:30-15:00開催
    —-

    次の引越し先はマジで小屋、いかがですか?

    タイニーハウスに試しに住んでみたい方、手頃なウィークエンドハウスをお探しの方ご注目!YADOKARIとエンジョイワークスが共同開発している、リアルに住める高性能小屋「THE SKELETON HUT」を用い […]

    0
  • YADOKARIの著書「アイム・ミニマリスト」が翻訳され、韓国でも発売が開始されました。

    アジア先進国でも小さな暮らしの潮流を感じます。
    まさか海外の書店に並ぶとは思って無かったので感謝です。
    応援して下さっておる皆さん、ありがとうございます。

    ちなみに表紙には韓国語で、

    —–
    家でない家を選択した人たち
    必要なものだけを所有し自給自足の人生を目指す、ミニマリスト五人の暮らし実験! […]

    0
  • YADOKARI さんが新しい投稿「北軽井沢・空き家再生 リノベーション」を公開しました。 8 months, 2 weeks ago

    北軽井沢・空き家再生リノベーション
    北軽井沢の空き家別荘再生の企画設計、ワークショップリノベーション、民泊収益化運営など含めてトータルプロデュースを担当。物件を利用していなかった期間が10年ほどあったため、屋根、バルコニー、床、壁、塗装、水回り含めて一新。家具や食器なども1960年代の北欧ヴィンテージで設えインテリアーコーディネートも実施。

    CONTACT
    お仕事のご依頼はこちら

    0
  • 6畳間。日本人の生活感覚に一番フィットした「空間の単位」は6畳なのではないかと私たち「YADOKARI」は考えます。
    「初めてもらえた子供部屋が6畳間だった」「初めての一人暮らしは、6畳間とキッチン付きの1Kアパートだった」という方も多いのではないでしょうか。6畳という空間には、「あの家具をこう配置しよう」という想像が及びやすい不思議なリアリティがあるとともに、ある程度は持ち物のスリム化が必要なセンスも求められます。ミ […]

    0
  • 現在、YADOKARIでは「シェアハウス/シェアオフィス」「タイニーハウスビレッジ」を展開する空き家・土地を探しています。活用に困っている遊休不動産などありましたらお気軽にお声掛けください。

    実際にYADOKARIメンバーが企画、改修リノベーションを行い、現地に住まいつつ、運営や発信を行っていきたいと思っています。募集のエリアに関しては、メンバーが現状都内近郊在住のため、1棟目はできるだけ管理がしやすい「都心か […]

    0
  • 岡山県赤磐市。市の大半が山林で覆われた、緑豊かな地域だ。岡山市内への通勤可能圏のため、住宅地も多い。しかし、バブル期に 宅地として造成され、買い手がついているにもかかわらず、建物が建設されないまま放置されている造成地も少なくないようだ。 この小屋は、そんな土地に建っている。

    住宅地らしいまっすぐな道が規則的に通っているものの、電気も水道も来ていな […]

    0
  • アメリカ合衆国ラスベガス近郊のモハーヴェ砂漠。 砂地は少ないが、岩盤むき出しの広大な風景に溶け込むのが Old Hippie house。

    風をさえぎるものがなく、太陽をさえぎるものもない、なにもさえぎるものがない視界。大都会のLA近郊、ラスベガスの眠らない灯りから一転、雄大で美しい大自然に触れることができる。 […]

    0
  • Load More