世界の小さな住まい方

あなたはあなたの想像よりも、器用でなんでもつくれます。「Tree house By Peter Bahouth」

YADOKARIプロフィールアイコン | 2014.9.13
  • facebookでシェア
  • ツイート

「“逃げ場”というものはとても大切なものです。全てを投げ出して、風の音や鳥の声に耳を傾ける瞬間も、時には必要です。」ツリーハウスビルダーのPeter Bahouthはこう語っています。

彼は、アメリカ合衆国ジョージア州、アトランタの森の中にツリーハウスを建てました。ツリーハウスには3つの部屋があり、ベッドルームとリビングルームは離れていて、吊り橋で繋がれています。

Peter_Bahouth_Treehouse_03
3つの部屋にはそれぞれ「Mind」「Body」「Spirit」と名前がつけられています。それぞれを直訳すると、心、身体、魂、です。心と向き合う、身体と向き合う、魂と向き合う、といったように部屋に役割を設けたのでしょうか。

各部屋の窓からは、森の景色が楽しめます。360度、何処を見わたしても緑だけ。街中で暮らしている景色とは全く別もの、違う世界です。

Peter_Bahouth_Treehouse_05
Peterは「私はここで変わることが出来た、感覚も研ぎすまされ、落ち着いた。鼓動が落ち着いてきたんだ。」と、この場所が自分にとっていかに大切かを語っています。

彼はツリーハウスビルダーと呼ばれていますが、プロの建築家ではありません。本業は環境学者です。彼は、プロのノウハウを持たずともつくることは出来ると、居場所づくりに挑戦しているのだそうです。

Peterの言葉や行動からは、「できないからやらない」のではなく、「やらないからできない」というメッセージを感じますね。私たちは自分で考えているよりも、何でも作り出せる器用さをもっているのかもしれません。

Peter_Bahouth_Treehouse_06
Peter_Bahouth_Treehouse_10
Via:http://www.ignant.de/

  • facebookでシェア
  • ツイート

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

YADOKARIプロフィールアイコン

Writer YADOKARI

ミニマルライフ/多拠点居住/スモールハウス/モバイルハウスを通じ暮らし方の選択肢を増やし、「住」の視点から新たな豊かさを定義し発信します。暮らし方の選択肢を増やすことで、場所・時間・お金に縛られないライフスタイルを実現し、人生の満足度/幸福度を向上させます。

FB:YADOKARI
TW:@yadokari_mobi
HP:未来住まい方会議 by YADOKARI

YADOKARIの執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。