世界の小さな住まい方

地上5mなのにはしご要らず!? 歩いて入れる「House Quebrada」

YADOKARIプロフィールアイコン | 2014.10.2
  • facebookでシェア
  • ツイート

窓の外を見ると、木々の葉がたくさん。「あれ、ここはツリーハウス?」いえいえツリーハウスではありません。でも、地上からの高さは5m。この家は支柱の上に建てられています。「はしごは無いの?」いいえ、歩いてお家に入れます。そのからくりとは一体なんなのでしょう?

House Quebradaは、チリ・サンティアゴの建築グループ「UNarquitectura」によって2013年に建てられました。この家はチリ・サンティアゴの森の中に、ひっそりと隠れています。外観は黒く、闇夜に紛れ込みます。なにか獲物をねらっているのでしょうか。内装は反対に真っ白で、外観とのコントラストが美しさを際立たせます。

IMG_2483BAJA
IMG_2310BAJA
地上5mにあるにも関わらず歩いて入れるこのお家。からくりは土地の傾斜を利用していることにあります。低いところにピロティ形式でお家を建て、高いところから低いところに向けて橋をかけています。

/Users/juanpablonazar/Desktop/casa quebrada/anteproyecto/casa quebrada 27 09.dwg
橋を歩いてお家につく頃には、地面は5mも下のところにあるというからくりです。登るのではなく、地面が下がっていく。発想の転換が素晴らしいですね。これなら足腰が強くない方でも、木の上からの景観を楽しめます。

IMG_2388BAJA
「橋をかければはしごは要らない」なんて発想は、すぐには出てこないかもしれません。出てくるまで「考え抜く」姿勢が大切ですね。考え抜いた先に、斬新なものが待っているのでしょう。

IMG_2508BAJA
IMG_2514BAJA
Via: http://www.unarquitectura.cl/

  • facebookでシェア
  • ツイート

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

YADOKARIプロフィールアイコン

Writer YADOKARI

ミニマルライフ/多拠点居住/スモールハウス/モバイルハウスを通じ暮らし方の選択肢を増やし、「住」の視点から新たな豊かさを定義し発信します。暮らし方の選択肢を増やすことで、場所・時間・お金に縛られないライフスタイルを実現し、人生の満足度/幸福度を向上させます。

FB:YADOKARI
TW:@yadokari_mobi
HP:未来住まい方会議 by YADOKARI

YADOKARIの執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。