朝活やエクストリーム出社など、早起きして行うアクティビティが注目を集めています。早起きは三文の徳という諺もあるように、朝早くから活動するとなんだか時間を有効に使えて得した気分になりますよね。でも、毎日仕事に追われ、夜遅くに家に帰る生活をしていると、早起きをするのは結構辛いもの。一回の目覚ましでは起きられない!という方も多いのではないのでしょうか。

nest.com

Via:nest.com

突然ですが、サーモスタットって知ってますか?あまり日本の家庭にはなじみのないものかもしれませんが、米国では実に85%もの家庭に設置されているもので、”家全体の温度調節をするためのもの”だと考えていただければ良いと思います。最近、日本で売られているエアコンはとても優秀で、温度や湿度等を細かく設定できるので、その温度設定と似たようなものだと考えるとわかりやすいでしょう。

筆者はNYで生活をしていたことがあるのですが、その家の壁にも付いていました。メモリを動かして温度を設定すると、人がいようといまいとエアコンやヒーターに命令を出してその温度にキープしてくれます。現地では、あまり暖房を切ったりつけたりせず、冬の間はとくにずっとつけっぱなしなことが多いので、サーモスタットはなくてはならないものでした。

今回ご紹介する「Nest」は、今話題の”IoT(物のインターネット)”の技術を利用したサーモスタットを作っている会社です。2014年の1月に、約3300億円でGoogleが買収したことで大きくニュースでとりあげられました。最近日本でも、スマートハウスという言葉を耳にしますが、まさにスマートハウスのための技術を開発している企業です。

◎ IoTってなに?という方はこちらの記事も ⇒ 未来の暮らしを変えていく、モノのインターネット| IoTがつくる未来の家