コータDIY

弁理士試験に合格し、2年半勤めた特許事務所から独立して自分の事務所を構えた小川コータさん。しかし当時はリーマンショックで仕事がなく、空いた時間で遠のいていた音楽活動を再開すると、思わぬ出会いが待っていた。

後編では小川さん自らが発明し、今やスマートフォンやタブレットには欠かせない入力法となった「フリック入力」や、音楽活動、プチ移住先の鎌倉での生活についてお話をうかがう。

前編はこちら ⇒【インタビュー・前編】「自分が欲しいモノ」を作り出す、弁理士・ミュージシャン・発明家という生き方:小川コータさん

<プロフィール> おがわこうた 慶応義塾大学法学部政治学科卒業後に27歳で弁理士となり、その後、東京工業大学大学院修士課程を修了。2年半の特許事務所勤務を経てアイザック国際特許商標事務所を設立、所長を務める。株式会社ハイキックエンタテインメントに所属する作詞作曲家。AKB48、ももいろクローバーZ、パク・ヨンハ等に楽曲提供。鎌倉で地域密着ミュージシャン「小川コータ&とまそん」として活動中。

リーマンショックで諦めかけていた音楽の道が拓けた

弁理士試験に合格したときに「弁理士で身を立てる!」と決意し、2年半勤めた事務所を退職して独立しアイザック国際特許商標事務所を設立。しかし、リーマンショックで特許出願自体が減っている状況でのスタートとなった。

空いた時間を利用して音楽活動に注力した小川さんは、その活動中に知り合った友人の誘いで音楽事務所に所属。AKB48などへの楽曲提供を始めた。「自分が聴きたいな、と思って書いた曲が世に出てみんなに喜ばれるのは嬉しかった」と語る小川さんは、ついに音楽の世界でも頭角をあらわすことになる。

小川コータ&とまそんアー写

所長弁理士として特許事務所を経営し、2010年には都心にほど近い鎌倉に移住し地域密着型ミュージシャンとして活躍している小川コータさん。AKB48やももいろクローバーZなどに楽曲提供する作曲家としても活動するほか、スマートフォンやタブレットに搭載される「フリック入力」を生み出した発明家という顔も持つ。

今回はマルチな才能を余すところなく発揮する小川さんの活動の根底である「自分が欲しいモノを作り出す」ことにフォーカスし、パラレルキャリアな生き方についてお話をうかがう。

<プロフィール> おがわこうた 慶応義塾大学法学部政治学科卒業後に27歳で弁理士となり、その後、東京工業大学大学院修士課程を修了。2年半の特許事務所勤務を経てアイザック国際特許商標事務所を設立、所長を務める。株式会社ハイキックエンタテインメントに所属する作詞作曲家。AKB48、ももいろクローバーZ、パク・ヨンハ等に楽曲提供。鎌倉で地域密着ミュージシャン「小川コータ&とまそん」として活動中。