100PEOPLE_3_ YADOKARIメンバーが未来をつくるひと100人に会いに行く対談企画「100 PEOPLE 未来をつくるひと。」VOL.003は、ジャーナリストで作家の佐々木俊尚さん。佐々木さんは2011年から東京と軽井沢の2拠点を行き来する生活を始め、今年から福井県にも新たな拠点を構えるとのこと。後編では多拠点生活を実践する佐々木さんに、各拠点でのコミュニティの作り方や、多拠点生活にフィットする生業の作り方についてお話をうかがいました。(進行・構成 蜂谷智子) ⇒ 対談の前編はこちら

Back_Way_Home

僕らの生活は、日々何かを記録し、そして更新することで生まれる。特にタブレットPCやスマートフォンを駆使する現代人にとって、SDカードやUSBといった記録媒体の利用はもはや安全策で、今はそうしたアーカイヴをクラウド上で管理したり、即SNSに投稿したりするシステムが幅を利かせている。どうやら人は、記憶を一定の場所に固着させるのではなく、できるだけ公開し、世間に流して緩やかに広め、社会の波の上を漂わせる、つまりフロートさせることに興味があるらしい。