未来住まい方会議では、今までたくさんの小さな家や、暮らし方の工夫がとりあげられてきました。人間の家や暮らしは多様性を増し、住まいの形は今や何通りもあります。しかし、家で暮らすのは人間だけではありません。犬や猫、小動物等のペットだって同じ家で暮らす家族の一員です。

誰でも一度は、仲間を招いて手軽に楽しめる自宅バーに憧れたことがあるのではないだろうか?しかし、お酒を揃えるのはいいとして、収納スペースの確保やカウンターの設置など、限られた空間の中では難しいと、憧れだけで断念している人が大半ではないかと思う。今回は、そんな憧れをシンプルかつ鮮やかに実現してくれる、目から鱗のアイデアを紹介する。

太平洋に面し、豊かな自然に囲まれた、カナダのブリティッシュコロンビア州。今まで自宅でキャリアを積んできたイラストレーターが、家の近くにオフィスを建ててもらおうとHinterland Designに依頼した。自宅が建つ広大な敷地内には、もともと小さくて古い物置小屋があったので、ここをオフィスに改造してしまうのが一番! と改装が始まる。

アメリカ・カリフォルニア州にあるジョシュアツリー国立公園の一帯。ここの気候が穏やかになる頃、「Wagon Station Encampment」はアーティストやデザイナーで賑わい始める。彼らは、砂漠の真ん中の小さな空間で数週間を過ごすことになる。

風が激しく吹きすさぶ西ウェールズの海岸沿い、St. Brides Bayに臨むMalatorと呼ばれるその家は、入り口と海に面した部分以外は全て地面に埋もれている。Malatorはアースハウス(自然や地形を利用してできた家)の典型的な例で、海岸沿いの荒々しい岸壁と丘に見事に溶け込んでいる。屋根は草で覆われていて、ちょこんと煙突が出ているだけの建物は、自然そのままの外観を損なわない作りだ。