世界の小さな住まい方

親子2世代に受け継がれたスモールハウス「Zen Teahouse」

YADOKARIプロフィールアイコン | 2015.4.28
  • facebookでシェア
  • ツイート

teahouse1
1980~90年代にかけてのアメリカの建築業界でModern Movement in Architectureのリーダーとして活躍したPietro Belluschiの家のバックヤードに建っているのが、236 sq.ft(およそ22㎡)のZen Teahouseである。

1944年、PietroはオーナーDr. and Mrs. D.C. Burkesが所持していた家の改築デザインを依頼された。その時、敷地内のガーデンには古い小屋があったのだが、これはそのまま残しておきたい、というオーナーの意向から改装され、残された。その時の小屋がZen Teahouseである。
写真で見てもわかるように縁側にも見える部分はPietroによって付け加えられたものだ。オーナー夫人はこの小屋をとても気に入って、瞑想やお茶を楽しみ、Teahouseと呼んでいたそうだ。

1973年、Pietroはこの物件を買い取り、Teahouseにシャワーやトイレ、シンクなどを取り付け、より過ごしやすいようにした。晩年1994年に亡くなるまでにはこのTeahouseで昼寝をしたり読書をしたりするなど多くの時間を過ごしたのである。

2008年、この家は転機を迎える。長い年月が経つうちに家はかなり傷んで虫食いなどもあり、建て替えを余儀なくされるのである。Pietroと同じく建築家になった息子Anthonyによってその家はコンクリートの土台はそのまま残され、広さを変えずにゲストスダジオとして改築された。

内装はAnthony考案の「Kitch-bath」キッチンとバスルームとチェンジングルームを一か所にまとめたつくり。ベッドソファー、部屋に置かれた机も折り畳み式でダイニングテーブルを兼ねる等、スペース削減のための工夫が凝らされている。

teahouse4
teahouse2
teahouse3
Anthonyは部屋を分ける手立てとして障子を採用した。障子越しの光はやわらかく室内を照らす。障子を開けておけば一つの空間として開放感があり、障子を閉めればベッドルームはプライベートな空間へと変わる。
ここでは、穏やかな静かな時間が過ごせるだろう。親子二代にわたってその姿を変えながら、Teahouseは受け継がれていくのである。

(文=加藤聖子)

Via:
tinyhousetalk.com
oregonlive.com

  • facebookでシェア
  • ツイート

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

YADOKARIプロフィールアイコン

Writer YADOKARI

ミニマルライフ/多拠点居住/スモールハウス/モバイルハウスを通じ暮らし方の選択肢を増やし、「住」の視点から新たな豊かさを定義し発信します。暮らし方の選択肢を増やすことで、場所・時間・お金に縛られないライフスタイルを実現し、人生の満足度/幸福度を向上させます。

FB:YADOKARI
TW:@yadokari_mobi
HP:未来住まい方会議 by YADOKARI

YADOKARIの執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。