6月から8月の夏の間、北欧スウェーデンでは学校も会社も夏休み。スウェーデンの人々は「サマーハウス」と呼ばれる自然に囲まれた小さな別荘に行き、そこでゆっくりと休暇を過ごす。LLP Arkitektkontorという会社が、ゴットランド西海岸の内地にあるKatthamarsvikに建てたこのスモールハウスもサマーハウスとして使用するために建てられた。

世界中のさまざまなタイニーハウスを目にしてきた「未来住まい方会議」のスタッフが、とある家を見て思わず「欲しい!」と本音を漏らした。デンマークのシェラン島(Sjælland)にあるというこの家、一体何がそんなに魅力的なのだろう。

社会的に成功した息子が、両親に家を建ててあげる。とても素晴らしいことで、洋の東西を問わずよく聞く話だ。しかし、アメリカのサンフランシスコに拠点を置く建築会社社長である「息子」が両親のためにデザインしたのは、一風変わった家だった。

「家の中にいても、一人になる場所がない」「たまには家族や同棲中の恋人と離れて、自分ひとりの空間が欲しい……」それなら、こんな家はどうだろう?

5つの小さな小屋が連なったデザインが特徴的な家。これは都会に住むある男性のために、テキサス州に作られた別荘だ。彼の仕事は出版物のコンサルタント。毎日クライアントやデザイナーとの打ち合わせで慌ただしい毎日を過ごす。そんな彼が、設計事務所Rhotenberry Wellen Architectに依頼したのは、周囲の環境になじみ、設置が簡単で、週末に一人の時間を確保することができる別荘だった。

コンテナハウスというと、貨物用のコンテナを改装した小さな建物を想像する人も多いのではないだろうか。だがこの建物は今までのコンテナハウスとは少し違う。12個のコンテナを使った、広々とした開放的な別荘を紹介しよう。

もしあなたが、周囲を美しい白樺の木々が囲む家に住んでいるとして、自宅の敷地内のスペースが少し余っていたとしたら、何を建てようと思うだろうか?この建物のオーナーが、建築家に出したリクエストは、実にシンプルであった。私の家族と、そして友人たちが、心からリラックスして泊まれる空間を作ってもらえないだろうか?

Top