「民泊」という新しい旅のスタイルが急速に広まり、日本でも注目されている。ホテルや旅館などのいわゆる宿泊施設ではなく、一般の家庭が宿を提供するのが「民泊」だ。実際に使ったことはなくても、Airbnbという言葉を聞いたことがある人は多いのではないだろうか。

Airbnbは、サンフランシスコに本社を置く企業が運営する、世界中のユニークな宿泊施設を取り扱うマーケットプレイスだ。その仕組みは、旅行者に部屋を提供したい人と宿を探している人をサイト上でマッチングするというサービスだ。

2008年のサービス開始以降、世界191か国、34,000以上の都市で利用され、日本でも2万件を超える物件が登録されているという。この勢いは、近いうちに世界中のホテルの部屋数を超えるのではないかとも言われているほどだ。

Airbnbに代表される「民泊」だが、果たして日本でも広がるのだろうか。実際にどんな人がどのように利用しているのか、そして民泊の普及によって何が変わろうとしているのだろうか。世界と日本の事例を見ながら考えてみたい。

今回紹介するのは、建築・デザイン系の海外メディアで最近熱い注目を集めている「Roam Co-living」。ノマドライフを推奨する面白いコンセプトの共同居住プロジェクトだ。

「Sign one lease. Live around the world.(契約書にサインして、世界中に住もう)」という決まり文句通り、月々一定額の家賃さえ納めれば、世界中に点在するRoamネットワークの物件を好きに選んで暮らすことができるという。現在のところ、頻繁に利用しているのはラップトップひとつで仕事ができるクリエイターやIT起業家が多いのだとか。世界にまたがる「住む」コワーキングスペースというイメージに近いかもしれない。