板倉完成 小屋には個性がある。 小屋には地域性がある。 小屋には自由がある。

宮城県の東鳴子温泉の湯守の森で始まった板倉マイスター講習。1回目のチェーンソー講習、2回目の製材見学、刻み体験などを経て、最終回では、3坪の板倉構法の小屋を2日間で組立てます。組立作業の前編につづき、今回は後編。完成に向けてラストスパートです。

P1060430 小屋には個性がある。 小屋には地域性がある。 小屋には自由がある。

宮城県の東鳴子温泉の湯守の森で始まった板倉マイスター講習。1回目のチェーンソー講習、2回目の製材見学、刻み体験などを経て、最終回の今回は、いよいよ3坪の板倉の小屋を2日間で組立てます。その様子を、前編・後編の2回にわけてご紹介します。

P1050980

日本の伝統構法である「板倉構法」で、木の伐採から小屋作りを学ぶ板倉マイスター講習。前回の伐採講習に続き、今回は伐採後の製材工程の見学や、刻みの体験、また小屋作りのための祈祷をしてまいりました。(1回目のチェーンソー講習の様子はこちら

top 未来住まい方会議をご覧の皆さん、こんにちは。今回は、国産ひのきの間伐材を活用した小型ハウス開発の情報を知り、その開発に関わっていらっしゃる一般社団法人more treesの事務局長である水谷さんにご協力いただき、その現場にお邪魔してまいりました。

itakura 小屋には個性がある。 小屋には地域性がある。 小屋には自由がある。

皆さん、板倉構法という建築構法をご存知でしょうか? 古来より神社や米倉に使われてきた構法で、厚い板と角材のみを使用し、伝統的な継手手口や柱の溝に板を落としこんで壁を作る、日本の伝統建築構法の一つです。

umaasahi2

機械がなかった頃、山では伐採した木を運び出す時には馬の力を借りていました。馬の力は、山のみならず畑や田んぼの代掻きなどでも出番があり、馬と協働していた人々は、馬と同じ屋根の下で、家族同様に暮らしていました。岩手県遠野市では、馬と暮らしていた時代の民家(曲り家)も残されており、今でも馬の里として知られています。

Top